横浜のゴミ屋敷整理

横浜の不用品回収ハートフルナビ

社会問題化するゴミ屋敷の清掃とゴミの運びだし、横浜では経験と実績を積んだ不用品回収業者にお願いすることもできる

新着記事

  • 自治体で回収してもらえない時

    横浜の粗大ごみ回収サービスは有料で、不用品回収には出せる場所、出せるごみの規定が細かく決められているため、都合が合わなければあてにならないことも多い

  • 不用品回収業者を上手に使う

    コストがかかる不用品回収、横浜で引越や買取り兼業の業者を使って、無理なく無駄なく家の整理整頓をする

横浜のゴミ屋敷整理

横浜でもゴミ屋敷が社会問題化しています。

ひとりで生活をする人の増加や、近所との付き合いの希薄化などが原因とされていますが、ゴミ屋敷を整理する立場の人は一人では到底対処できない規模の不用品回収を行わなければなりません。

人に知られたくないというケースも少なくないでしょうから、夜間などに対応をしてくれる不用品回収業者が頼りになります。

年々問題が顕著化する中、横浜にも、ゴミ屋敷の不用品回収の実績を積んだ業者も存在します。

ゴミの量は不動産の規模と比例するので、一軒家などがゴミ屋敷になっている場合には、相当のゴミの量を回収することになります。

ゴミ屋敷に限らず、空家に不法投棄された粗大ごみの回収や、マンションの一室がゴミ屋敷化する寸前といったケースなど、さまざまなケースに対応してもらえます。

片づけて不用品回収をするだけでなく、その後の部屋の清掃も含めて対応してもらえるところが多いので、壁や床の掃除も含めてお願いできます。

不動産のオーナーだけでなく、行政側からの依頼で問題の物件へ出向く業者もいます。

廃屋や倉庫の片づけなどにも不用品回収業者がかかわっています。

不用品回収業者がゴミ屋敷をきれいにするまでにかかる時間は、その規模によるところが多いものの、半日から一日程度で運び出してしまうというケースが平均的です。

ゴミ屋敷化した家屋では、印鑑、通帳、登記簿などの重要な書類がどこにいったかわからないというケースもあります。

あらかじめ重要書類などをリストアップして、当日は立ち合いをするか、携帯電話などですぐに連絡を取れるようにしておけば、ゴミに混ざってしまった貴重品や重要書類をなくしてしまうこともありません。